消費者金融って何?わかりやすく解説します。

ページ

15年前は消費者金融のCMの勢いがすごかった

消費者金融のCMは最近ではずいぶん少なくなったように思いますが、15年位前は深夜のテレビ番組はだいたい消費者金融のCMという勢いで、意味の全く分からなかった武富士のダンスのCMや小林幸子がお自動サンバという歌を歌っていたいうアイフルのCM、宇宙人がサッカーの試合見たり温泉行くだけでお金を借りてしまうプロミスのCMなど、内容のほうもかなりバラエティに富んでいるわりに、今の消費者金融のCMのように審査のスピードや金利などのシステムはあまり説明してなかった覚えがあります。

大きな消費者金融会社が金利関係の問題を起こしたあたりからだんだんCMが減っていき、現在のスタイルにまで落ち着いたのですが、お金を借りるということを考えると慎重な判断は必要なので致し方ないとは思います。

自分に振り返って考えてもCMをやっているから消費者金融でお金を借りるというのは考えにくく、突発的な支出の時の最後の命綱として消費者金融を使うくらいの気構えでいたいです。

消費者金融は怖いのか

消費者金融といえば何か、厳しい取り立てや高い金利を取られるような怖いイメージをいまだに引きづっているところもないではありません。

色々なメディアでサラ金と呼ばれていた消費者金融は悪の代名詞のように使われてきたこともありました。

しかし、一連の社会問題や金融事件を通じて、今の消費者金融は法律の枠にしっかりとはめられている、一つの金融業者でしかなくなっています。

いい意味においても悪い意味のおいても消費者金融は元気がなくなっているという印象さえあります。

ここまで法律によってしっかりと周りを囲まれてしまえば、活動範囲も狭まっていくのは仕方がありませんし、それまでの経緯を考えてみればこれだけの規制をかけられるのも致し方無いといっていいでしょう。

消費者金融の業界が自ら招いてしまった現在の状態といえます。

ただし、消費者金融が金融業界に果たす役割は少なくないので、もう少し合法的な範囲で消費者金融で元気を出してほしいとは思います。

消費者金融。
最近はではよく耳にする言葉になりました。
サラ金や闇金などと同じように、なんだか怖いイメージを持たれている方が少なからずいらっしゃると聞きます。

消費者金融とは、しっかりと法律に基づいてお金を貸している会社のことをいいます。
逆にちょっと怖いイメージのあるヤミ金なんかは、法律を無視したルールでお金を貸している会社ということが出来ます。

消費者金融は主に一般の個人向けにお金を貸しており、大手の会社にはアコムや武富士、プロミス、レイク、アイフル等があります。テレビCMや街の看板などでおなじみの会社ですよね。

消費者金融は、銀行など他の金融機関でお金を借りるのに比べて、手続きが簡単な事が大きな特徴です。

一般的に、年収額の1割程度や50万円未満の小口の融資であれば、無担保無保証で借り入れをすることが出来ると言われています。

もちろんお金を借りる為に金利はかかりますが、無担保無保証という手軽さが消費者金融の人気の秘密なのです。

消費者金融と闇金

消費者金融と闇金、借金をしたことない方にはあまり違いが分からないかもしれません。
消費者金融は法律の則った貸付をしています。

2008年の貸金業法改正以降は、利息についても利息制限法の上限金利の利息での貸付をしていますので、高すぎる利息を取られることもありません。

反対に闇金は法律を無視した貸付をしています。
いわゆるトイチ(10日で1割の利息)と呼ばれる貸付も闇金です。

では、何故闇金がなくならないのでしょうか。消費者金融があるのに何故違法な利息の貸付を受けるのでしょうか。

多くの場合、信販会社や消費者金融から多額の借入をして返済が滞り、あるいは弁護士などに依頼をして借金の処理をして、信用情報機関(ブラックリスト)にのってしまい、新たに借入が出来なくなってしまったため、どうしても借入をしなくれはいけない状況になったときに闇金に手を出してしまうのです。

しかしながら、前記のとおり闇金は法律を無視した貸付をするだけではなく、法律を無視した取立をします。
消費者金融からの借入が問題なかったからといって、絶対に闇金から借入をしてはいけません。

消費者金融と闇金は全く別物なのです。

ピンチの時に助かる消費者金融の利用について

お金が必要な時にすぐに貸してくれる人がいたら助かりますが、なかなかそうもいきません。そんな時に特に助けとなる存在が、消費者金融のキャッシングです。

なぜかというと、消費者金融は銀行などによるキャッシングよりも審査基準が低いため、アルバイトやパートの方でさえも申し込む事ができるからです。

お金に困ってもバイトだからと審査するまでもなく門前払いされたら辛いですが、消費者金融のキャッシングならばそういう事はありませんから、安心して申し込むことができるはずです。

もちろん、初めての時は不安なものですし、勇気がでないというならば、消費者金融のホームページにアクセスし、簡易審査みたいなツールを利用するといいと思います。

また、消費者金融というと金利がかなり高いイメージがあるかもしれませんが、最近の消費者金融はそんな事は決してありませんから、安心して利用してほしいと思います。

ただし、利用するのは有名な消費者金融だけにしておくようにしましょう。

キャッシングやカードローンなど色々ありますが、知名度の高い消費者金融を利用するならば何もリスクなどありませんし、金利も良心的な程度なので無理なく返済していく事が可能です。

なので、最近では年齢性別問わず、多くの方が気軽に消費者金融を利用するようになりました。

また、誰にも気づかれないでキャッシングを利用したいという場合でも、最近の消費者金融ならば可能となっています。

なぜなら、郵送物など一切ないようにしてもらえますし、電話なども個人名でかかってくるので非常にバレにくいのです。

もちろん、郵送物がないという事は、自分で店舗までカードを受け取りに行く必要がありますが、無人契約機などでも受け取れるので、誰にも会うことなくカードを作る事が可能です。

また、借入金額は人それぞれですが、限度額を超えて利用する事はできないようになっているので、使いすぎて返済地獄になるという事にもなりにくいので安心です。

消費者金融〜家族にバレない??

お金に困った時にすぐに借りやすいのが消費者金融。しかし、世間では消費者金融の評判はあまり良くありません。

ましてや、家族に秘密で利用している人ならなおさら。でも、明日数万円必要だけど手元にない、給料日がきたらすぐに返済できる、という時などは非常に便利ですよね。

ここでは、どのようなときに家族にバレやすいのか話します。

まず、自宅に通知が来る場合。審査に通過するとローンカードが送られてきます。しかし、これらの郵便物に社名が入っていることはありません。ですので、家族が勝手に開けない限り大丈夫です。もうひとつは、取引明細書の送付。これにも社名は入っていませんのでバレることはないでしょう。

気をつけたいのが督促の電話。返済日から滞納してしまうと、コールセンターからランダムで日に数回電話がかかってきます。あなたが登録した電話番号にかかってきますので、自宅を登録していた場合は家族が電話を取ることも。

でも、この場合も社名や督促の電話であることは絶対に話しません。しかし、そのような電話が日に数度もくると家族も怪しむもの。

以上のことから、バレる可能性が高いのは返済が遅れ、督促の電話がかかってくるようになった場合です。

毎月きちんと返済できるよう、消費者金融の利用は計画的に、使いすぎないようにしましょう。

消費者金融は上手く使えばかなり便利。

消費者金融と言えば良くないイメージを持っている人が多くいるのが現実ではないでしょうか。

しかし、消費者金融と言えど上手く利用すれば役に立つこともあるのです。

誰でもお金がない状況に直面したことはあるでしょう。そういった時にどうやって解決しますか。

親や友人などに借りるという手段もありますがお金の貸し借りというのは恐いもので、一つ間違えれば関係を崩しかねません。誰にもバレずに解決出来るのが1番でしょう。

そこで利用すればいいのが消費者金融です。何故、クレジットカードなどのキャッシングをせずに消費者金融なのかというと、ある消費者金融は最初の借入から1カ月は無金利というものをやっています。

これを利用しない訳にはいかないでしょう。
クレジットカードのキャッシングでも無金利のものはなかなか聞いたことがありません。

1カ月無金利なので翌月の給与で返してしまえば無駄なお金を払うことなく、さらに周りに知られるということもないのです。

切羽詰ってキャッシングの申し込みをしましたが、その進化に驚きでした。

どこをどうやってもお金が用意出来ない、もう必要な時までまったく時間が無い、そんな感じでしたのでキャッシングをしたのですが・・・まさかパソコンからと言うかインターネットで申し込み出来る時代になっているとはビックリです。

その昔友達がキャッシングを利用した時は確かプレハブみたいなところで機械でのキャッシング申し込みでした。

それでも十分に驚いたのですが、時代は私の知らない間にどんどん進んでいるようです。

まぁこれだけインターネットが普及しているんですから、キャッシングの申し込みくらい出来るようになって当たり前ですよね。

ということで思っていたよりも気軽にキャッシング出来て助かりました。私は人見知りが激しいのでちょっと契約とかが対人なのが苦手なんです。

目の前にいてじっと見られていると思うとまったく集中できません。ですので家で落ち着いて申し込み出来るというのはとても有り難かったです。

場所が自分の家というだけで気分的にはだいぶ違いますよね。本当に便利で使いやすくなったもんだと思いました。